2007年03月04日

ゴスペラーズ坂ツアー06〜07“セルゲイ” 苗場プリンスホテル ブリザーディウム

24日の公演に参加してきました!
あー、あの楽しい時間からもう1週間も経っちゃったんですねー。
もう記憶もほとんどなくなってきている状態なのですが、とりあえず簡単にネタバレを書いておきますね。


以下、ネタバレで〜す。







セットリスト

1.Let it go
2.Love has the power
3.Street Corner Symphony
4.Something in my soul
5.Get me on
6.パスワード
7.Platinum Kiss
8.永遠に
9.Prisoner of love
10.The Ruler
11.Slow Luv
12.Simple Words
13.ひとり
14.ミモザ
15.狂詩曲
16.SAYONARA
メドレー
 17.Tonight
 18.祈りの街
 19.Two-way Street
 20.東京スヰート
 21.星空の5人
 22.イントロ'95
 23.いろは
 24.夜をぶっとばせ
 25.FIVE KEYS
26.MO' BEAT(なりきりあり)
27.一筋の軌跡

enc.
28.REAL LOVE
29.待ちきれない
30.陽のあたる坂道
31.星屑の街


※会話は、誰の発言だったか間違っているところもあると思いますし、順番もバラバラ、言った言葉も正確には書けておりませんので、大体の雰囲気で読んでくださいね〜。記憶も大幅にとんでおります。


オープニングから客席のみなさんは大盛り上がり!!!会場全体には苗場独特の雰囲気が流れておりました。
その状況を見たゴスのみなさんも大喜びでおおはしゃぎ(?、笑)
酒井さん「みなさん、アメリカ人のようなノリですね〜。欧米かっ!?」と客席にツッコミ!
で、でたー!芸人さんネタのパクリやぁ〜(笑)と思い、心の中で突っ込む私(笑)

酒井さん「なーば」と手で波を作るように横に動かしながら、を大きめに発声。「みなさんもご一緒に!」と言われ、笑いながら私たちも発声。その状況を見た村上さん「それ、オレもやりたい!なーば、なーば!」

安岡さん「苗場はライブ開始時間も遅いし、お酒を飲んでる人もいるんでしょ?(家に)帰らなくてもいいしね。」
ここで、手を口元にもっていき自分の息を確認してるお客さんがいたそうで、「自分の息を確認しなくて大丈夫よ。(お酒のにおいはステージ上まで)におってきてないから^^」
村上さん「でも、お客さん全員が餃子食ってきてたら困るよね〜。」♪Love has the power♪と歌いながら、会場のお客さん全員が餃子を食べて、その後の息をにおった想定で後ずさりするような格好をする村上さん(笑)

今回のライブで8回目の苗場だそうです。(実際は9回目だったらしく翌日のライブで判明したとか)村上さん「来年の9回目で盛大に祝って、10回目はおとなしく開催するとか(笑)」という感じのことを言ってました。あと、過去の苗場ライブのことを振り返っておりましたよ。堺雅人くんが出ていたアカペラ人。ストーリがややこしくて、ライブ中にストーリーをゴスが説明していたとか。去年の苗場ライブのとき、村上さんが歌詞を忘れてしまったことも話していましたよ。あと、「一筋の軌跡」の振り(人差し指を上に向けて手を上げる)ができたことや、苗場での反応がよかったのでシングルになったことなどを言っておりました。

毎回ライブでは、友人と共に黒ぽんのダンスに注目しておりまして、ツアー中盤になりだんだんと慣れて上達してきたのか、はたまた、苗場での空気がそうさせたのか、やや滑らかなステップになってたように思えましたよ。しかし、ちょ〜っと、友人と目を合わせてニヤついてしまったところもありましたが…(笑)

何の話からだったか忘れたのですが、肌のお手入れの話になって、ニセ関西弁で話す村上さんと酒井さん(笑)村上さん「フランス製のいいのがあるんやぁ」酒井さん「雪の中に顔をずぼーっとうずめる!それが男のスキンケアやぁ!」

豹柄のスーツに着替えた後のMCで、「学校の先生が豹柄のスーツだったらイヤだよね。」とか「嫌いな上司が豹柄のスーツとかね。」と言うもんだから、私も友達も自分の上司が豹柄スーツを着ているのをおもいっきり想像しちゃってました。
ありえませんー(>_<)

ライブ全編にわたって、北山さんお祝いムードがビシビシと伝わってきておりまして、中盤から後半にかけては、陽ちゃん祭りでございました(笑)

夜中に北山さんに用があったらしく村上さんが北山さんの部屋のドアの前に行くとシャワーの音が聞こえたそうなんですよ。その音がすごく大きかったらしく、どれくらい勢いのある水圧でシャワーを浴びているのか興味深々だったとか。シャワー浴びながら回ってたんじゃないかとかなんとか(笑)
この話の辺りだったと思いますが、北山さん以外がくるくる回ります。目が回るからと言って、逆回転にも回っておりました(笑)村上さん、胸の前で手をクロスして回ります。かわいい(笑)

「夜をぶっとばせ」の「♪そばにおいで♪」では、片足跪いて1列目の男性に向けて手を差し伸べてアピール(爆笑)
そして、この日のなりきり指導も北山さん。北山さんのなりきり指導、私にはちょいと難しくてついていくのが精一杯やのに、この日はゴスマニが多くて難なくやっちゃってるように思えちゃいました。

なりきり指導がひと段落ついたあたりで、村上さんが「真面目な時間はもういいから、なんか面白いことやれ!お前の時間はたくさんあるんだから!」とか言うんですよ!北山さんは「自由な時間を与えられるのが一番つらい!」と困った様子。なぜかここで、「Happy Birthday〜」と歌い始める北山さん。会場のみんなも続けて「Happy Birthday Dear 陽ちゃん♪」と歌っておりました。
その後メンバーのみなさんも加わってなりきりゴスペラーズが始まるのですが、ここからはメンバーも大暴走!!!
村上さんをはじめ、メンバーみんなが北山さんのマネをしながら歌い始めるんですよーーー(≧∇≦)
村上さん、北山さんのマネで手のひらを耳元にもっていき、顔を傾けてなりきりのフレーズを歌ったり、回ったり、「みんなも北山のマネしながら歌って。」と言うもんだから私も北山さんのマネをしている村上さんのマネをして歌っちゃいましたよ(笑)

ステージの端の方でも酒井さんが北山さんになっておりました。(実際には持っていない)音叉を膝で鳴らして耳に持っていく仕草をした後、回転!を繰り返しておりました(笑)

そして、アンコールの後。
まずひとりで北山さんが舞台上に出てきて、また「Happy Birthday〜♪」と歌った後、「僕の誕生日を祝うために、この方が来て下さいました。マイケル・〇ャクソンさんです!(〇の部分はごまかして言ってます、笑)」と紹介され出てきたのは、サングラスをして、髪をゆるく束ねた酒井さん!カタコトのニホンゴで話したり、英語でなにやら話したりしておりました。「ココハワラウトコロデース」とも言っておりました(笑)
次に出てきたのは、安岡さん。誰かになりきっているのか、一言もしゃべらずに一輪(一束?)の花を北山さんに渡し、玉川さんのアコギを手にとります。この花は、後で1列目の男性(「そばにおいで」でアピールした男性とは違う男性に)渡します。
急遽歌うことになったので歌詞が分からないと言ってカンペを取り出し、仙台の集いでうまれた「REAL LOVE」を歌い始めました。

歌の途中からだったか忘れましたが、バックダンサーおふたりも加わり、ステージの向かって左端の階段のところには村上さんと黒ぽんも出てきて座っていて、コーラスに参加です。
バックダンサーさんなのですが、はじめに見たとき「どこかで見たことはあるんだけど、韓流スター?」とか思っちゃいましたが、おひとりは演出家の小池竹見さんでした!もうひとりの方は、ごめんなさい、わかりませんでした。
歌の間奏で、ダンサーのおふたりが北山さんを挟んで北山さんの耳元で「Happy Birthday」とささやいておりまして、真面目な顔してキレのある踊りしてるもんだから、もうおかしくておかしくて(笑)

村上さんが北山さんの部屋に行ったのは、このネタを思いついたからだそうでして、24日の1時頃だったそうです。で、安岡さんも村上さんに「安岡ぁ、安岡ぁ、この曲弾けるよな。」と言われたそうです。

最後の挨拶では、安岡さんが「お腹減りましたー!」私たちもお腹減りましたよー。酒井さんはもう出せる力を全部出し切ったようでして、階段を上っていくときは、ヨロヨロでおじいちゃんみたい(笑)でしたよ。そして、この日の主役、北山さんが「今までで一番想い出に残る誕生日でした。誕生日の2時間ちょっとをみなさんと過ごせてよかった。」という感じのことを言った後、黒ぽんが「あまーーーーーい!」と言っておりましたよ^^

バンドメンバー紹介のとき、この日は宇佐美さんの姿も客席から見える位置でして、村上さんに「今が旬!」と紹介されておりました。宇佐美さんが手がけた曲を紹介していくのですが、なぜかここでカタコトのニホンゴで話し始める村上さん(笑)登紀子さんとのデュエット曲のことも話されましたよ〜。楽しみやな〜^^

こんな感じの、北山さんを祝ったりネタにしたりのいつもとは違ったライブに参加できて、ものすごく楽しかったです♪
そして、村上さんの「Prisoner of love」がいつも以上に心にしみたライブでした。

また苗場ライブには参加したいな〜と思った一日なのでしたわーい(嬉しい顔)

posted by すぅ at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴスペラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。